ストレス緩和に3倍効く!!青みかん精油のチカラ

MOTOMURA AROMA TOPICS

健康医学士 / 清家 奈緒の 「THE NEED FOR AROMA」

健康医学士 清家奈緒

2023年1月24日

ストレス緩和に3倍効く!! 青みかん精油のチカラ

2023年がスタートし、あっという間に半月が終わりました。本年もどうぞよろしくお願い致します。年末年始から、コロナウイルスやインフルエンザが流行しているようですが、体調は崩されていらっしゃらないでしょうか?今回は、青みかん精油の作用についてお話ししたいと思います。

青みかん精油

前回の青レモンに引き続き柑橘類の精油なので、同じじゃないの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、厳密に言うと柑橘類も一つ一つ特徴が異なります。

柑橘類という大きな括りで見たときには、柑橘系の精油は消化器への作用や気分を明るくする作用、ニキビ肌のような脂性肌のスキンケアに有効ということが共通する作用です。しかしながら、消化器の不調と一言で言ってもその原因は様々。食べ過ぎが原因で胃腸が弱っているのか?ストレスが原因で上手く消化器官が働いていないのか?お酒の飲みすぎで肝臓の働きが弱っているのか?その原因によって、おすすめの精油は変わってきます。

今回取り上げている青みかんの精油は、ストレスが原因の時の消化器系の不調におすすめです。私たちの体の調子を整える大元となる自律神経には交感神経と副交感神経があります。体の各臓器はこの自律神経と連動しながら、活発に動いたり休んだりを繰り返しています。消化器官は、副交感神経が優位な時に活発に動きます。

消化器系ストレス

ストレスがかかっているときは交感神経が優位になっているため、消化器の働きは抑えられます。その為、ストレスがかかった状態を続けると、上手く消化が出来ず下痢をしたり、胃酸が多くなったりすることで胃潰瘍になったりするのです。このような状態の時は、副交感神経を優位にしてあげることで、消化器官の働きが良くなり症状が緩和されます。

リラックス成分と言われるリナロールが青みかんには多く含まれる為、青みかん精油を使うことで副交感神経を優位にすることが出来ます。その結果、消化器系の不調が良くなるというメカニズムです。

青みかん精油

精油を選ぶ時には、身体の不調がどこからきているのか?ここをしっかり見てあげることが大切です。わからない時には精油の香りを嗅いでみてください。「良い香り」と思うものがあなたの体が必要としている精油成分を持っています。

蒸留場所:本村アロマ蒸留所/アロマ蒸留試験はこちら

老若男女の救世主!!頼りになる青レモン精油

MOTOMURA AROMA TOPICS

健康医学士 / 清家 奈緒の 「THE NEED FOR AROMA」

健康医学士 清家奈緒

2022年12月23日

老若男女の救世主!! 頼りになる青レモン精油

12月に入り朝晩はめっきり寒くなり、師走で忙しい日々ですが皆さまいかがお過ごしでしょうか?投稿が遅くなりましたが、本村アロマ蒸留所では、10月に蒸留所がある橘香園で収穫した青レモンの蒸留を行いました。

橘香園は柳川藩主・立花家の専用農園であり、日本で最初の早生みかん農園。現在三代目となる由緒ある農園です。キャンプ場もある山合の素敵な場所にあります。

抽出された青レモンの香りは、爽やかな中にフレッシュな苦味を感じさせる若々しい印象です。柑橘類や花から抽出する精油もそうですが、完熟の実や開ききった花びらよりも、熟す前の青い実や蕾の花に精油は多く含まれています。

青レモン

レモン精油の作用ですが、柑橘類に含まれる成分のリモネンが大半を占めています。モノテルペン炭化水素類のリモネンは、免疫力のアップ、リラックスやダイエット、また脂を溶かす作用があるので血液サラサラ効果やキッチン周りの掃除などにも有効です。

天然青レモン精油

赤血球・白血球を活性化させる免疫力アップの作用は、これからの時期にはぜひ取り入れたい作用です。また、レモン精油は体をアルカリ体質に傾けてくれます。レモンが生活習慣病の予防になると言われる所以です。

レモン精油の嬉しいところは、抗菌・抗ウィルス作用もありながら、自身の免疫力もアップするという点です。ディフューザーでお部屋に香りを焚いておくだけでも、その効果は十分に得ることができます。また、集中力アップにもなるのでこれからの受験シーズンにはとても重宝する精油です。

リラックス、集中、スキンケア

また、スキンケアの面では皮脂の分泌を抑える作用があるので、脂性肌の方におすすめです。ニキビ跡で肌がぼこぼことしてしまっている方にもおすすめします。マカダミアナッツオイル10mlにレモン精油3~4滴ほどを混ぜてフェイストリートメントをしていくと、ニキビ跡も少し改善するかもしれません。フランキンセンスやラベンダーの精油を一緒にブレンドすると更に良いと思います。(レモン精油には光毒性がありますので、日中の使用は避けてください。)

子どもから高齢者まであらゆる人に嬉しい作用を持った青レモン精油、これからの季節には欠かせません!

蒸留場所:本村アロマ蒸留所/アロマ蒸留試験はこちら

第一回国債発酵・醸造食品産業展に出展しました。

MOTOMURA AROMA TOPICS

本村アロマの事業活動を随時更新。

2022年12月14日

第一回国債発酵・醸造食品産業展に出展しました。

3日間開催されたイベントは連日大盛況となり、弊社ブースにも大変多くの方々にお越し頂けました。今回は醸造系のイベント出展で、前回ご案内した様にアロマ減圧水蒸気蒸留装置をクラフトジンの蒸留装置として出展しました。これまでのアロマ蒸留同様、柑橘やハーブなど様々な原料(ボタニカル)からクラフトジンやプレミアムジンの製造が可能であることから、大変大きな反響がありました。また泡盛の蒸留やこれまで同様アロマ蒸留についても大変多くのお問い合わせを頂きました。また市場のクラフトビールの醸造人気も伴い、タンクやジャケットタンクの開発製造の問い合わせが大変多くあり、独自アロマフレーバーのオリジナル飲料の製造が可能な製品として多くの方々へ伝えることが出来ました。これからも、これまで同様、化粧品業界やアロマを必要とする様々な業界や業種へ貢献して行くと共に、本装置が新たに高いパフォーマンスが発揮できる様々な業界や業種へ貢献できる様チャレンジして参ります。

第一回国債発酵・醸造食品産業展弊社ブース

当社は本年創業100周年を迎えました

MOTOMURA AROMA TOPICS

本村アロマの事業活動を随時更新。

2022年11月15日

当社は本年創業100周年を迎えました。

本年、当社は創業100周年を迎えました。これは一重にこれまで当社を支えて下さった多くの方々のおかげでございます。心より感謝致します。これを機に創業100周年特設サイトページ及び動画を開設しました。本村アロマ事業(MOTOMURA AROMA)も約10年前にアロマ減圧水蒸気蒸留装置の開発が起点です。本装置は当社が長年酒造での蒸留装置の開発のノウハウがベースであります。酒造では一滴一滴に税金が課せられるなど絶対に漏れが許されない製造技術が必須です。長年の熟練された技術力により、他では決して真似のできない装置です。MOTOMURA AROMAもアロマをベースとした様々な業界や業種に貢献して参りました。今後は新たに独自のアロマ(原料)で蒸留できる「クラフトジン」の製造装置としても広く提案して参ります。本装置一台でオリジナルのジンの製造が可能です。新たなイノベーションをご期待いただくと共に、今後とも株式会社本村製作所を宜しくお願い申し上げます。

▶︎特設サイトページはこちら

▶︎動画はこちら

創業100周年

11月、第一回国際発酵・醸造食品産業展に出展します。

MOTOMURA AROMA TOPICS

本村アロマの事業活動を随時更新。

2022年11月8日

11月第一回国際発酵・醸造食品産業展に出展します。

今回日本初の開催となる「第一回国際発酵・醸造食品産業展」に出展します。昨今発酵や醸造は研究が進み、食品や飲料の味や品質が格段に向上し、私たちの体や食品そのものにも大きな効果をもたらす事で大きな注目を集めています。当社も創業以来醸造関連の製品をこれまで多く開発製造を行ってきています。今回、アロマ減圧水蒸気蒸留装置をクラフトジン蒸留装置として出展します。これまでのアロマ蒸留同様、柑橘やハーブなど様々な原料(ボタニカル)からクラフトジンやプレミアムジンの製造が可能です。また100L×2室タンクを出展します。こちらのタンクは内部が2室構造となっており、1台で2種類の飲料を貯蔵できます。冷却も可能で、冷却された飲料をタンクから直接注ぐ事もできる製品です。オリジナルジンや酒造関連のお客様必見です!ぜひこの機会にお気軽にお越しください。西華産業株式会社、株式会社本村製作所の共同ブース(S3-55)

イベント:第一回国際発酵・醸造食品産業展
日時:2022年11月29日(火)〜12月1日(木)
開催日時:29日(火)13:00〜18:00  30日(水)10:00〜18:00  1日(木)10:00〜17:00
会場:東京ビックサイト 南展示棟 ブース「S3-55」
公式サイト:https://hakkoexpo.jp
 
第一回国債発酵・醸造食品産業展
 

らくらく蒸気洗浄

MOTOMURA AROMA TOPICS

本村アロマの事業活動を随時更新。

2022年11月4日

らくらく蒸気洗浄。

アロマ減圧水蒸気蒸留装置の洗浄は大変そうと言う声があります。いいえ、とても楽です。装置内に蒸気をくぐらせる、蒸気洗浄だけで、洗浄完了です。洗浄の手間も軽減された仕様となっております。

洗浄の手順は動画をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

無農薬青レモンアロマ蒸留

MOTOMURA AROMA TOPICS

本村アロマの事業活動を随時更新。

2022年10月31日

無農薬青レモンアロマ蒸留。

青みかん同様に今秋収穫した青レモンから、アロマ蒸留をおこないました。青レモンは、きりりとしたすっきりな香りが奥深いのが特徴です。原料は青レモンの果皮5kg。常圧蒸留。採油率は約2%でした。

蒸留の手順は動画をご覧ください。

 

 

 

 

 

無農薬青みかんアロマ蒸留

MOTOMURA AROMA TOPICS

本村アロマの事業活動を随時更新。

2022年10月25日

無農薬青みかんアロマ蒸留。

蒸留所のある橘香園で今秋収穫した青みかんから、アロマ蒸留をおこないました。青みかんは完熟みかんとは違い、若々しくスッキリとした中にも甘みを感じる香りが特徴です。原料は青みかんの果皮5kg。常圧蒸留。採油率は約1%でした。

蒸留の手順は動画をご覧ください。

 

 

 

 

【健康医学士・清家奈緒コラム】健康な体と美肌を保つ、シークヮーサーアロマ蒸留水

MOTOMURA AROMA TOPICS

健康医学士 / 清家 奈緒の 「THE NEED FOR AROMA」

健康医学士 清家奈緒

2022年10 月18日

健康な体と美肌を保つ、シークヮーサーアロマ蒸留水

先日、本村アロマ蒸留所でシークヮーサーの蒸留に立ち会いました。蒸留前からとても良い香りを漂わせていたシークヮーサー。抽出後の香りがどのようになるかとても楽しみでした。

本村アロマ蒸留所で抽出するシークヮーサー天然アロマ蒸留水は、シークヮーサーの名産地である沖縄県の勝山で栽培されたシークヮーサーを使用しています。

良質な湧き水と自然豊かな環境、さらにトレーサビリティやサンプル検査など徹底した品質管理の下で育てられているため、安全で安定した品質を保っています。

シークヮーサー原料

蒸留後の香りは、シークヮーサー原料のツンとした香りが取れたとても柔らかでかすかに青みのある爽やかな香りでした。

本村アロマ蒸留所で抽出したシークヮーサー天然アロマ蒸留水を成分解析したところ、最も多い成分は柑橘系の特徴であるテルピネオール。2番目に多い成分が、テルピネン-4-オールです。このテルピネン-4-オールは、ティーツリーやマジョラムの精油にも多く含まれる成分で、抗菌作用・抗真菌作用・抗ウイルス作用・抗炎症作用・鎮静作用・神経強壮作用・鎮痛作用などが特徴です。そして3番目に多い成分がリラックス作用があると言われるリナロールでした。

アロマオイルと蒸留水

抗菌作用の代表格であるティーツリー精油にはテルピネン-4-オールが40%含まれており、マジョラム精油には20~30%ほど含まれています。本村アロマ蒸留所で抽出したシークヮーサー天然アロマ蒸留水にも、テルピネン-4-オールがマジョラム精油と同様20~30%含まれていました。

食べることで、認知症予防や抗がん作用、美肌効果や精神安定などが言われるシークヮーサーですが、アロマ蒸留水でスキンケアなどに用いると上記の作用にプラスして、抗菌作用・鎮静作用・鎮痛作用も得ることが出来ます。また、テルピネン-4-オールの特徴に毛細血管を拡張するという嬉しい作用があります。全身の毛細血管が拡張することにより血流が良くなり、全身に栄養が行き渡りやすくなります。また、毛細血管が拡張すると副交感神経が優位になります。前々回のコラムに書きましたが、副交感神経が優位な時に私たちの体の細胞は修復作業を行いますので、副交感神経が優位になるということは健康・見肌を維持する上でとても重要です。シークヮーサー天然アロマ蒸留水は、健康な体や美肌を保つために必要なこの二つの働きが同時に叶うとても嬉しいアロマ蒸留水です。

メディカルアロマセラピスト清家奈緒のアロマ蒸留視察で香り体験

シークヮーサーアロマ蒸留水を化粧水として使用したり、入浴剤として使用すると健康維持・美肌維持に良い働きをしてくれそうです。また、抗菌作用もあるので、リネンウォーターやルームスプレーとして使用するのもお勧めです。

今話題のサウナの「ロウリュ」にシークヮーサー天然アロマ蒸留水を使用すると、サウナでの効果をよりパワーアップ出来ると思います。試してみたい方はお問合せください。

蒸留場所:本村アロマ蒸留所/製品案内:本村品質 ゆず天然アロマ蒸留水

【健康医学士・清家奈緒コラム】危険!!合成香料が脳や体に与える影響とは!?

  MOTOMURA AROMA TOPICS

健康医学士 / 清家 奈緒の 「THE NEED FOR AROMA」

健康医学士 清家奈緒

2022年9月13日

危険!! 合成香料が脳や体に与える影響とは!?

私たちの身の回りにはたくさんの香りが溢れています。食品や飲料、洗浄剤や柔軟剤、化粧品や香水、燃料や排出ガスなど、数え上げたらキリがない数の香りが存在しています。そして、私たちは嗅覚という感覚を使って、この何百何千という香りを嗅ぎ分けているのです。

合成香料

前回のコラムで書いたように、嗅覚は本能を司る脳で感知しています。その為、自分自身の命に危険が及ぶような香りは、瞬時に『嫌だ(不快)』と感じるようになっているのです。私たちの体は自然と共に存在しているため、天然の香りは心地よく感じます。一方、化学的に作られた合成香料は不快に感じるというのが本来の体の仕組みです。しかしながら、現代社会においては化学的に作られた合成香料が身の回りにたくさんあるために、それらの香りに慣れてしまっているというのが現状です。化学調味料の味に味覚が慣れてしまっているのと同じ状態です。

私たちの体は、天然の物質はすべて分解し、体に必要が無くなれば老廃物として排出することが可能です。しかしながら、化学的に作られた物質はすべてを分解しきることは出来ません。その為、合成の物を摂り続ければ少しずつ体の中に蓄積されていくのです。嗅覚・味覚・触覚を介して体の中に吸収されるものは出来る限り天然の物を選んだ方が良いと言われる所以です。

さて、本題の天然香料と合成香料がどのように脳に影響を与えるのか?についてですが、先に述べたように天然の香りであれば私たちの脳や体へ有益な働きをしてくれます。一方、合成の香りは私たちの脳へは刺激が強すぎるのです。そのため、合成の強い香りを嗅ぎ続けると頭が痛くなったり、ひどくは吐き気を引き起こすことも考えられます。しかし、現在の香りブームによって洗剤などの香りは以前に比べるとずいぶんと強いものになっています。これは、嗅覚が麻痺しやすい性質を持っているため、消費者が「もっと香るものを!」と求め続け、メーカーがそれに応えた結果に過ぎないと思われます。

合成香料による頭痛

これらの強い香りが溢れてしまった結果、現在は「香害」が問題になっています。香りの成分はとても小さな分子です。私たちが何かしらの香りを感じているということは、これらの分子を体内に取り込んでいます。合成の香りの分子を体内にたくさん入れることで体がアレルギー反応を起こし、化学物質過敏症などへと繋がっているのです。化学物質過敏症に関しては、香りだけが原因というわけではありません。住居の材質に含まれるホルムアルデヒドなどの化学物質が関係していることもあります。現在日本国内で既に100万人の方が化学物質過敏症を発症していると言われています。潜在的な予備軍は更に多くいるということです。

また、自然環境保護の観点から見た際には、現在の多くの生分解されない化学物質を使用した洗剤・柔軟剤が水質汚濁を引き起こし、海洋汚染に繋がっているということも事実です。まだ下水道が整備されていない地域においては、それらの水が農業用水にも使われるため事態は深刻です。我々が作り出した物によって環境汚染を引き起こし、それらは食物連鎖により循環し、私たち人間や動物が口にすることで更に害となっているのです。合成香料の使用を控えるということは、持続可能な社会を目標とするSDGsへの取り組みにもなり、地球温暖化を食い止める一つの手段とも言えるのです。

合成香料による汚染

嗅覚は私たちの健康な体を司っている本能の脳に直結しています。私たちの健康を考えた時、合成香料の使用を控え、天然の香料を使用することが地球に住むものたちにとっても有益なことへと繋がっていくのです。

蒸留場所:本村アロマ蒸留所/製品案内:本村品質 ゆず天然アロマ蒸留水