高い耐震性・免震性。”倒れない”本村の品質基準です。

MOTOMURA AROMA TOPICS

本村アロマの事業活動を随時更新。

2024.2 .14

高い耐震性・免震性。”倒れない”本村の品質基準です。

この度の令和6年能登半島地震により犠牲となられた方々に深く哀悼の意を表します。
被災された皆様へ心よりお見舞い申し上げます。
また、被災者の救済と被災地の復興支援のためにご尽力されている方々に深く敬意を表します。
今回の震災により能登地方はじめ、北陸地方全体の多くの酒蔵が被災する事態となりました。これまでも日本の各地で大地震が起きており、今後もいつどこで起こりうるかの予測もつかず、日々不安だけが募る状況に私たちは置かれてます。 当社は創業以来、酒造や醸造のステンレスタンクや蒸留機の開発製造を行なっておりますが、特にビール工場や日本酒などの大型の貯酒ステンレスタンクなどは、万が一の場合、近隣住民への被害も想定されるため、アンカーボルトや林立など建造方法に本村独自の工夫を凝らし、高い耐震性や免震性を実現しております。 1995年に発生した震度7を超えた阪神淡路大震災においても、多くのタンクが倒壊し壊滅的な被害がありましたが、本村のタンクは倒れませんでした。 当社の製品はこれまでの経験値を最大限に生かしMADE BY MOTOMURAの品質基準を徹底しております。 当社の製品を日々活用して頂いてるお客様、近隣をはじめ地域の安心、安全を守ることまでを今後もモットーとし精進して参ります。
被災地域の皆様の安全と、一日も早い復興をお祈り申し上げます。
本村の品質はこちらをご覧ください。
 
ステンレスタンク ステンレスタンク

ハンドクリーム開発用、温州蜜柑アロマ蒸留受託。

MOTOMURA AROMA TOPICS

本村アロマの事業活動を随時更新。

2024.1 .29

ハンドクリーム開発用、温州蜜柑アロマ蒸留受託。

化粧品開発を行う某企業さまからの依頼で、ハンドクリームの開発に必要とされる、温州蜜柑のアロマオイルを常圧(100°)蒸留しました。蜜柑の果皮のみ合計45kg、本村アロマ蒸留所で3日間に渡り蒸留を行いました。蒸留所に常設のアロマ減圧水蒸気蒸留装置は30L型で、1回の蒸留で原料5kgを使用します。まずは原料となる果皮をミキサー粉砕し水と攪拌させます。それにより採油率は上がります。今回は平均的に採油率約1%、45kgの原料に対して約450mlのアロマオイルを採取ができ、まずまずの蒸留結果となりました。香りは蜜柑の甘く優しいフレッシュな香りが採れました。アロマオイルの採油率や煽りは原料により大きく異なります。今回の原料は、蜜柑の皮を手剥きしたものを未冷凍で5kgずつ真空状態にして頂けていました。冷凍よりは冷蔵保存の方がより良く、真空状態で保って頂けてたのも良かったと思います。
 
温州蜜柑残渣
 
これまでも蜜柑に限らず多くの柑橘類の蒸留試験を行っていますが、これまでの経緯から、同じ果皮でも収穫時期や保存方法でアロマオイルの採油率や香りに大きく差があります。アロマオイルは果皮に含まれていますので、果皮ごと圧搾し搾汁後の残渣や果実を包んでいる袋が残ったままの残渣などは採油率が下がり、また冷凍保存の残渣も下がる傾向にあります。果皮ごと搾汁したものは果皮ではなく、搾汁時に果汁のうわずみの食物繊維(果実パルプ)から蒸留すると、高採油率になる傾向にあります。
また、樹木の場合は細かいチップやクズの方が採油率は上がり、樹木の葉やハーブ等は乾燥の方が採油率は上がります。但しフレッシュの方が香りは良い傾向にあります。
アロマの蒸留試験や受託をご希望の方は、当社パートナー会社である株式会社ハート未来が窓口となります。当社へお問い合わせ頂いた場合でもハート未来が全体コーディネートを致しますので、株式会社ハート未来の運営する未来アロマサイトよりお問い合わせ下さい。
 
アロマ蒸留試験、受託をご希望の方はコチラからお問い合わせ下さい。
 

事業目的達成のための補助金活用のススメ。

MOTOMURA AROMA TOPICS

本村アロマの事業活動を随時更新。

2024.1 .16

事業目的達成のための補助金活用のススメ。

アロマ減圧水蒸気蒸留機(以下:本装置)はこれまで多種多様の業界、業種のお客様へ導入して参りました。大手企業、中小企業、小規模事業者、研究機関と規模の大小に関わらず、本装置の性能をご理解頂いたお客様が、新事業や新商品開発において、他社との絶対的差別化を図り、自社ならではのアドバンテージの確立のためや、本装置のパフォーマンスを重視し、様々な研究目的で導入されるケースも少なくありません。本装置の性能は単にアロマオイルを採取する、実はそれだけに止まらず、企業内や機関の研究者から全く違う目的の利用価値の声を多く頂き、実際にその要望の試験や効率化や実現させるためのカスタマイズなど、常にお客様と共に進化し、様々な業種に貢献して参りました。昨今では本装置でクラフトジンの製造が可能となり、酒造方面でもお声かけも頂けるようになりました。
 
アロマ減圧水蒸気蒸留装置
 
本装置を導入するにあたり、補助金を活用し購入されるケースも多々あります。本装置を購入されるお客様は、何らかの事業展開や商品開発を目的とし、それを実現させるために本装置が必要となり購入に至ります。企業の多くはそれら事業展開を図る上で、何らかの補助金を上手に活用されています。その事業計画を遂行する上で必要不可欠である本装置もまた補助金の対象となります。これまでも6次産業化や農商工連携やものづくりなど様々な補助金を活用し導入されたお客様はございます。本装置の導入をご検討される場合、補助金の活用も視野にご検討されてはと思います。

ユニット設置で利便性と効率性の向上。

MOTOMURA AROMA TOPICS

本村アロマの事業活動を随時更新。

2023.12 .21

ユニット設置で利便性と効率性の向上。

これまで多くのお客様へアロマ減圧水蒸気蒸留装置を納めて参りました。装置を設置し運用する上で、蒸留機へ蒸気を供給するためのボイラー装置が必要になります。ボイラー装置を既に保有しているお客様は不要ですが、必要なお客様にはボイラー装置もセットで納めて参りました。
また運用する上で冷却させるために水の活用も必須です。お客様によっては井戸水や湧水などで運用をされるケースもございますが、特に水道水を活用し運用する場合、蒸留中の水はたれ流しとなるため、チラー装置をセットで納めるケースも増えて参りました。チラー装置は装置内で水を循環させ、使用する水量を削減させます。節水と水道費の削減が可能になります。
お客様の設置場所や設置状況に合わせ、「装置+ボイラー+チラー」のユニットでの設置を推奨しています。昨今ユニットでの納品設置の要望も大変多くなっています。
導入事例ページに「アロマ減圧水蒸気蒸留装置ユニット設置のついて」の情報を更新しました。装置の設置をご検討の場合は、ユニット設置含めより良い方法をお気軽にご相談ください。
 
アロマ減圧水蒸気蒸留装置ユニット設置について

【健康医学士・清家奈緒コラム】超スゴイ!レモングラス蒸留水の汎用性とは⁉︎

MOTOMURA AROMA TOPICS

健康医学士 / 清家 奈緒の 「THE NEED FOR AROMA」

健康医学士 清家奈緒

2023年12月13日

超スゴイ!レモングラス蒸留水の汎用性とは⁉︎

香りの世界に携わっている方にはおなじみのレモングラス。また、生命力が強く防虫作用もあるため、庭先に植えている方も多いのではないでしょうか?和名では檸檬茅とも言われるように、見た目は茅と同じですが、触ると甘い爽やかな香りがするのが特徴です。そのように、生の状態でもとても良い香りがするため、ハーブティーやアジアの料理(トムヤムクン)の香りづけとしても有名です。

レモングラス

本村アロマ蒸留所で過日行われたレモングラスの試験蒸留で採取された蒸留水を、今回少し分けていただきました。レモングラスは精油で使用することはスタンダードですが、蒸留水で使用する機会はあまりないのでとても興味深く使わせていただきました。減圧蒸留で採取された蒸留水の香りは、とても柔らかく生原料を思わせる若干の草の香り。レモングラス精油の香りに比べるとだいぶ優しい香りなので、レモングラス精油の香りが苦手な方にはお勧めです。(私自身、レモングラス精油の香りは若干苦手なので蒸留水の方が使いやすいと感じました。)

レモングラス

実際に使ってみて思ったことですが、レモングラスの蒸留水は汎用性が凄い!消化器系の作用、防虫作用、抗菌作用、鎮痛作用、乳酸除去作用、リラックス作用、皮脂のバランスを整える収斂作用など多くの作用があるレモングラス。精油と違い、蒸留水はそのまま使用することが出来るためボディスプレーとして使用すれば、肩こり、筋肉痛、リラックス、スキンケア、消化促進、虫よけスプレーと万能なスプレーになります。また、ルームスプレーや掃除・洗濯に使用すれば、消臭・防カビにも有効です。

レモングラス精油は虫が嫌うシトラールという成分を多く含んでいるため、虫よけスプレーを精油で作る場合によく使用されますが、この成分には皮膚刺激があるため肌が弱い方は注意が必要です。しかしながら、蒸留水であればそのまま使用しても皮膚刺激も強くないので、敏感肌の方は使いやすいのではないでしょうか?(個人差がありますので、実際に使用する場合には必ずテストをお勧めします。)

レモングラススプレー

また、レモングラスは南の国の植物なので、暑い時に役立つ作用を多く持っています。食欲がない時には食欲を出すようにしてくれますし、暑さで体力が消耗しているときには体力を強壮してくれる作用があります。これまでのアロマカウンセリングをしてきた経験から、精神的に疲れ体力も消耗しているような状態のときにレモングラスの香りを好む傾向がとても多いと感じています。副交感神経を優位にするリラックス作用もあるレモングラスなので、精神的にも体力的にも疲れてしまっている方にはぴったりなようです。特に、ストレスから胃や腸の不調を引き起こしている方は、ハーブティーや精油・蒸留水、どのような形でも良いので、是非使ってみて欲しい植物の一つです。

レモングラスの汎用性

そしてもう一つ、レモングラスの嬉しいポイントは、生命力が強く繁殖能力が高いため、原料を安定的に収穫できることから、ハーブティーや精油・蒸留水など、どれも手に取りやすい価格帯の物が多いという点です。生の葉をハーブティーとして飲用することも出来るため、庭先やベランダで育ててみるのも良いですね。寒い季節に抗菌作用も相まって、免疫力のアップも期待できると思います。これからの季節、レモングラスの力を上手く活用できると良いですね。

アロマ蒸留試験はこちらから。

減圧40℃伊予柑残渣からのアロマ蒸留。

MOTOMURA AROMA TOPICS

本村アロマの事業活動を随時更新。

2023.12 .1

減圧40℃伊予柑残渣からのアロマ蒸留。

某企業からのご依頼で搾汁後の伊予柑の残渣(冷凍)からアロマ蒸留試験を行いました。これまでの実績から、柑橘の果皮は冷凍することでアロマオイルが少なかったり採取できないこともございました、更に減圧蒸留は常圧蒸留に比べ採油率は下がりますため、今回の蒸留試験はあまり期待はできずにおりましたが、残渣の原料の香りを嗅いだところ非常に強い香りだったのと、これまでの研究から、冷凍原料であっても採取をしやすくする方法などから、今回の試験はまずまずの結果となりました。採油率は0.5%程度で、香りは非常にナイーブで優しい香りが採取できました。 今回の試験を行った企業様は、常圧蒸留機は保有しておりますが減圧蒸留機は保有しておらず、今回常圧蒸留と減圧蒸留での違いの調査で試験を行なわれました。結果にも大変満足していただき、更に当社のアロマ減圧水蒸気蒸留装置の高いパフォーマンスに大変驚かれていました。全てにおいて良い結果が得られ我々も大変満足した蒸留試験となりました。
※残渣原料について 柑橘の残渣の果皮は、搾汁する際の方法や使用している機械によっても残留するアロマオイルの量は様々です。
アロマ蒸留試験依頼はコチラまで。

減圧60℃生レモングラスアロマ蒸留。

MOTOMURA AROMA TOPICS

本村アロマの事業活動を随時更新。

2023.11 .29

減圧60℃生レモングラスアロマ蒸留。

某企業様からのご依頼でレモングラスのアロマ蒸留試験を行いました。今回は減圧60℃、生原料からアロマ蒸留水の採取を目的とした試験です。
レモングラスなどのハーブはアロマオイルの採取が目的の場合、乾燥原料からの蒸留の方がアロマオイルは採取できる可能性は大きいのですが、今回はアロマ蒸留水の使用が目的で、より良い香りの採取が重要なミッションだったため、減圧60℃で最も良質でナイーブな香りを引き出しました。柔らかく優しく、レモングラス本来の良い香りだけを引き出すことが出来ました。
減圧蒸留の蒸留温度は原料によって相性が様々です。これまでの実績から様々な原料のある程度の相性はございますが、同じ原料でも産地や栽培方法、季節や状態などその時々のもので異なりますため、より良い香りを目的とした試験をご希望である場合は、色々試してみることをお勧めします。
アロマ蒸留試験のご依頼はコチラまで。

 
 
 
 

中小企業「社会価値経営」フォーラムへ参加。

MOTOMURA AROMA TOPICS

本村アロマの事業活動を随時更新。

2023.11 .15

中小企業「社会価値経営」フォーラムへ参加。

当社も認定企業露なっている、一般社団法人企業価値協会主催のフォーラムへ参加しました。フォーラムには全国の認定企業の他、各マスコミも多く出席いたしました。 昨今の社会情勢における物価高騰や日本の景気向上にあたり、これからの中小企業のあり方が大きなテーマとなりました。 どのような状況でも企業は事業を邁進し続けるのですが、これまで通りだけを続けているだけではなかなか状況を変えるのは困難な世の中です。 そこで今回は、社会価値に積極的に取り組み、かつ利益を出していけるよう、特徴的価値を活かした中小企業ならではの「社会価値経営」によって、社会から応援される会社づくりがメインの内容となりました。
 
企業価値協会理事
来賓挨拶
 
「社会価値経営」いわゆるCSV事業は、ひとつの切口になり得るビジネスのカタチで、これまでも積極的に行っている企業もありますが、まだまだ多くはありません。CSRと違い実際に利益に繋げるためには、取り組む内容が多くの人たちに理解され共感を得られなければ成立は困難です。 CSVに限らずですが企業は事業を通じ、顧客やターゲットとなり得る人たちの”ベネフィット”は何かを明確にしておく必要があります。 今回パネルディスカッションで登壇した石坂産業株式会社様の取り組みは非常に素晴らしく思いました。同社は産廃事業を営む企業ですが、産業廃棄物やゴミという世の中からのマイナスイメージを、ごみをごみにしない社会「ZERO WASTE DESIGN」をビジョンに掲げ、社会価値の向上に成功されている企業です。 CSVはなかなか一筋縄ではいかない面もありますが、多くの企業がこの概念を取り組むことは、自社にとっても社会にとってもプラスなことは言うまでもありません。
 
社会価値経営フォーラム懇親会 社会価値経営フォーラム開催場所

第7回 しんきん合同商談会に出展しました。

MOTOMURA AROMA TOPICS

本村アロマの事業活動を随時更新。

2023.11 .13

第7回 しんきん合同商談会に出展しました。

今回で7回目を迎えたしんきん合同商談会は、今回も大盛況で終えることができました。商談件数も多くあり身のあるイベントとなりました。
 
しんきん合同商談会
 
しんきん合同商談会は福岡、佐賀、長崎の異業種が合同での出展イベントなので、アロマの原料になる農作物を扱っている食品企業や、ステンレス材を扱っているものづくり企業など参加企業からのお声かけも多くございました。今回はアロマ減圧水蒸気蒸留装置の実機の設置はぜず、本村製作所の事業全体の認知向上を目的に出展しました。
 
本村製作所ブース 会社ブランドツール
 
ブースに来場された方々は、当社が100年企業であり、一貫した事業ポリシーと貫いてる姿勢に共鳴いただきました。 これからも進化を続け、次のイベントでは新たな発表はできるよう頑張ります。
 
しんきん合同商談会開催場所

11月、第7回 しんきん合同商談会に出展します。

MOTOMURA AROMA TOPICS

本村アロマの事業活動を随時更新。

2023.10 .26

11月、第7回 しんきん合同商談会に出展します。

しんきん合同商談会は、福岡・佐賀・長崎3県の13信用金庫が2年に1度「合同」で行う九州の企業のマッチングを目的としたイベントです。 しんきん担当者様が事前にマッチングコーディネートをしていただいたことで、イベント開催前から既に数件の商談がございます。 今回も実機の展示は行わず、アロマ減圧水蒸気蒸留装置の製品紹介動画と会社PRのための装飾、会社案内と製品紹介の配布物をご用意します。 本イベントは九州最大規模の異業種商談会となります。特に醸造関連、化粧品、飲料、アロマ、6次産業化をお考えの事業者様など、ぜひこの機会に当社ブース「B-067」へお越しください。
 
■イベント:第7回しんきん合同商談会
■日時:2023年11月8日(水)/10:00~16:00
■場所:マリンメッセ福岡A館
 
しんきん合同商談会